もしもの時の対応について、知っておきたいポイントを解説いたします。

平静ではいられない状況の中で、行いたいことや見落としがちなことなど、あまり知られていない事柄を場面ごとにまとめました。いざという時に後悔しないために、お葬式の流れと手順のポイントだけでもおさえておきましょう

ご葬儀の流れ

■ご逝去後

葬儀の流れ(ご逝去後)

1.ご危篤

危篤時は、誰に連絡したら良いのでしょうか?
あらためて考えてみると連絡先を知らなかったり、知らせる範囲の線引きが難しいことに気がつきます。

連絡する先を決めて、電話番号を把握しておきましょう。
「最期に立ち会えなかった・・・」と、後で責められたり連絡が広範囲に及び過ぎて「病院に一同参集」し迷惑をかけてしまうような事態は避けたいものです。


2.ご逝去

病院などで亡くなった場合、その後の流れと手順はどうなるのでしょうか?
施設ごと違いがありますが、霊安室への移動や故人の引取りを促されます。

葬儀社を決め故人を自宅かそれ以外に引取ります。
病院などで葬儀社を紹介されることもありますが、その葬儀社に依頼しなければいけないということはありません。落ちついて葬儀のことも踏まえながら安置先と葬儀社を決めましょう。
情報不足だと感じた時は、ジェイエイてんどう葬祭センターに電話して無料相談を活用し情報を補いましょう。

■ジェイエイてんどう葬祭センターがお手伝いさせて頂く事の一例

  • 病院など、ご逝去先にお迎え ・・・故人のご移動用に車輌を用意します。
  • 安置先の相談や日程調整   ・・・ご自宅や葬祭センターやすらぎ会館通夜室などが候補にあがります。
  • 出発時の確認        ・・・死亡診断書、病室の荷物整理などがあります。

3.ご安置

病院などから自宅に帰れない場合の流れは、どうなるのでしょうか?

故人をやすらぎホール通夜室または安置施設にご安置します。
ご安置用のお部屋を備えた通夜室をご案内いたしますので、お葬式のことも踏まえてお選びください。また、枕経をあげて頂く為に、菩提寺様へ「何時頃戻れます」と連絡を入れて頂きます。

■ジェイエイてんどう葬祭センターがお手伝いさせて頂く事の一例

  • やすらぎホール通夜室にご安置   ・・・専用のお部屋でゆっくりと大切な時を過ごせます。
  • ドライアイスの手当て  ・・・手当てを行い身なりを整えます。
  • お参りの準備      ・・・お線香などの道具一式を準備してお参りいただきます。

病院などから自宅に故人を連れ帰った際の流れは、どうなりますか?
ご自宅にどなたかがいらっしゃれば、布団などの準備をお願いしましょう。

故人を自宅の布団などにご安置します。
北または西枕にお寝かせすると言われますが、お線香などをあげるお参りスペースに支障が出ない程度が良いでしょう。その後にドライアイスの手当やお線香などを準備します。

■ジェイエイてんどう葬祭センターがお手伝いさせて頂く事の一例

  • 故人のご安置        ・・・シーツの用意やお布団などにお寝かせします。
  • ドライアイスの手当て    ・・・手当てを行い身なりを整えます。
  • お参り道具の設置      ・・・お線香などの道具一式を準備してお参りいただきます。
  • 枕花の手配         ・・・ご要望に応じて枕花を手配します。

4.打合せ

故人を安置した後は、どのような流れになりますか?
落ちつきましたら葬儀の段取りを進めましょう。

お葬式の打合せを行います。

■ジェイエイてんどう葬祭センターがお手伝いさせて頂く事の一例

  • 宗教者のご都合を確認して日程の決定
  • 死亡届の作成補助(コピーや火葬許可証の取得)
  • 車輌(霊柩車)の手配
  • 供花・供物など、カタログよりお選びいただけます
  • 故人がお亡くなりになったことをお知らせする「つげ書(ご案内葉書)」の作成

※ジェイエイてんどう葬祭センターでは、詳しい説明やアドバイスを行いながら、ご希望にあわせて過不足なくご提案いたします。

上記以外にも場面ごとに適切な対応を要することが多くあり、
“その瞬間にしかできないこと”を流されることなく大切にして欲しい・・・と願います。

初期対応には、選択を誤ると取り返しがつかなくなることがありますので、
時間的にも精神的にも余裕がない中ですが、意志決定は慎重に行いましょう。

■他の葬儀社の場合に、注意したいことの一例

  • 永眠するお墓を考慮に入れて葬儀形式を決めないと納骨できないなどのトラブルになることがあります。
  • 日程は、宗教者・霊柩車・火葬場などと同時に調整しないと途中で組直しになることがあります。
  • 写真を選定する時にアドバイスや専門的な説明がないと、印象が違う遺影になることがあります。
  • 死亡診断書をコピーせずに提出してしまうと後で記載内容が確認できなくなります。
  • 広告の金額やイメージと実際がかけ離れていて粗悪で割高になることがあります。

ポイント1
逝去後、故人を移送する業者と葬儀を依頼する葬儀社は、分けて考えることができます。
病院や葬儀社へ明確な意志を伝えましょう

ポイント2
葬儀の形式は一連の流れをふまえて、納骨先のことまで考慮して決めましょう。
一例ですが、寺院墓地をお持ちの方がそのお寺の意向を無視して仏式以外の葬儀をあげた場合、納骨できなくなる場合があります。

ポイント3
訃報を連絡する範囲に注意しましょう。家族個々の関係を吟味することで適切な連絡範囲がわかります。無理に線引きしますと故人の関係者をはじめ、どこかで角が立ち最終的にご家族の後悔に繋がってしまう場合があります。

お客様に大切な時間を心残りなく過ごしていただけますよう、弊社は細部にわたり全力でサポートいたします。

バナー電話
ページの先頭へ