ブログ

2018.09.05

蓮(ハス)まつり

こんにちわ、

永井です。

段々と過ごしやすい気候になってまいりましたね。

トンボも見かけるようになり、

秋がもうすぐそこまでやってきているのですね。


さて、

8月の下旬に、ずっと見に行きたいと思っていた、

蓮 ハス】を見に、

宮城県の栗原市、伊豆沼・内沼はすまつりに行ってまいりました。

船に乗ることができ、いざ出発!!

まるで、沼の上を冒険しているようでした

とてもワクワクしながら沼の上から、間近に見ることができました。

水面の植物も楽しむことができました

沼に咲く花、

とても、神秘的、、、ですよね。

初めて見たので、とても嬉しかったです

地元の方によると、見頃の時期は8月の10日ころだとのこと。

来年また、

ぜひ見頃の時期にまた行けることを楽しみに~♪

その時は

また、写真アップさせていただければと思います!


読んでいただきありがとうございました<(_ _)>


2018.08.03

供養祭

 こんばんわ。

毎年開催をさせていただいております、

「人形・ぬいぐるみ供養祭」の開催日が決定いたしました!!

平成30年10月14日(日)友引

時間等、詳しく決まり次第、またお知らせをいたしますね!

ちなみに、

明日の8月4日は、、、

「は(8)し(4)」 (箸) (橋)の語呂合わせで

〇箸の日

〇橋の日

〇吊り橋の日

なんだそうです。

箸の日では、

東京の日枝神社では、神前に長さ1mの大きな箸を供え、古い箸を焼いて供養する

箸供養祭というものが行われるそうですよ!

長さ1mの大きな箸、なんだか興味深いものがありますね!


読んでいただきありがとうございました<(_ _)>


2018.08.01

カレンダー

 こんにちわ。 

8月になりましたね!

今月の「天童市農業協同組合」のカレンダーの右上に

㈱ジェイエイてんどうフーズ葬祭センター掲載していただいております(^^♪

右上にあり、月ごとに様々な掲載がある中、

8月の右枠には、葬祭センターです!

嬉しいですね

暑さの毎日ですが、無理なさらず、毎日をお過ごしくださいませ。

読んでいただきありがとうございました<(_ _)>

2018.07.30

夏野菜

 こんにちわ

永井です。

まだまだ猛暑ですが、皆様無理せず、お過ごしくださいませ。

私は、水だけではなく、塩分も適度にとることで、熱中症予防になるようです。

ナスやゴーヤなど夏野菜がとても美味しい時期になりましたね!

先日、米ナスに甘い味噌をぬり、

切ったピーマンと、とろけるチーズをのせ、

トースターで焼いてみたところ、

名付けて!「米ナスチーズの田楽焼き」を作りました。

我ながら美味だなと感じました

おススメですよ!

皆様のおススメのレシピや我が家ではこれが定番!

自慢の料理あれば教えていただきたいです!


読んでいただきありがとうございました<(_ _)>

2018.07.16

初盆 ~お盆の準備~

 四十九日を過ぎて、忌明けの後に初めて迎えるお盆

「初盆」

亡くなってから初めてのお盆

盛大に供養することが多いですね!

初盆と普通のお盆の違うところは、、

盆提灯などで華やかに飾り付けてお迎えします!

これに加えて、初盆では、白提灯を玄関や仏壇の前に飾ります。

初めて里帰りをする個人が迷わずに帰ってこれるように

迷わないように目印としてということ。

(お供えするもの)

団子や、故人の好きだった食べ物や飲み物

フルーツやお菓子など、日持ちのするものをおすすめいたします

49日の時期で初盆は翌年になりますね

宗派やお寺や地域によって、さまざまです。

どんな形であれ、

自分たちが故人やご先祖にできる

最大限の供養、感謝の気持ちを伝えることが大切なことだと思います。

暑い日々ですが、体調には気をつけてお過ごしくださいませ。

読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>

2018.07.16

お盆

 こんにちわ、

葬祭センター 永井です。

本日 7月16日(月)

新のお盆の盆明け(送り日)ですね!

東京や一部地域では、新のお盆である

7月13日~16日にお盆を迎えることが多いそうです。

一般的なお盆(旧のお盆)

今年はというと、、、、

迎え日

(盆入り)

中日

送り日

(盆明け)

2018年 8月13日(月) 8月14日(火) 8月16日(木)

盆入りの13日の夕方には、先祖の霊が迷わないように

迎え火を焚きます。

盆明けの16日の夕方には、送り火を焚いて先祖の霊を見送ります。

【盆踊り】

地域によっては、夜店がでたり、祭りの雰囲気を強くしていたりと、

イベントとして、行われることが多くなりましたね!

盆踊りは、お盆に帰ってきた祖先の霊たちを迎え送るための念仏踊りとして始まった行事で

祖先への思いを馳せ、供養するための踊りだったそうで、

今でも覆面やお面を付けて踊るところもあるようです

以前、見かけたところで、

印象が残っているのは、

アニメの主題歌で、盆踊りの和風のイメージではなく、

ダンス色の強いもので盆踊りをされておったのです

2018.06.12

お布施とは?

 

こんばんわ。 永井です。

更新が遅れてしまいました。。

今回は、お布施の意味

【お布施:おふせ】って?

お布施とは、

僧侶への、読経や戒名をいただいた謝礼として金品を渡すこと

【渡し方】

お渡しをする際には、お盆に乗せる形が好ましいですね!

金額は?とお聞きされることがあります。

お布施は気持ちでお渡しするものでありまして、決まった金額というのはありません。

お寺ごとに考え方の違いもあるようですので、

よく分からないという場合には、

お坊さんに直接お伺いすることがよいですね!

直接、聞くことは失礼なことではないですよ!

「お布施はいくらですか?」という尋ね方ではなく、

「皆さんどのくらいされていますか?」と聞くことの方が、

答えやすいおっしゃるお坊さんもいます!

読んでいただきありがとうございました<(_ _)>

2018.04.16

終活

 

こんにちわ、

葬祭センター 永井 です。

桜が満開間近となってきましたね!!

春がきたなと感じるこの頃、、


終活ガイド検定の案内をみまして、

終活とはなんだろう?と思い調べてみることにしました。

「終活~しゅうかつ~」とは、、、

人生をキレイに締めくくるか、それに向けて活動をすることだそうです。

一昔前には、終活という言葉はありませんでしたが、

自分のお葬式の為に、ある程度の年代になったら写真館へ行き、

葬儀の時に飾る写真を撮影して用意する方がいました。

終活

「終」という字を使うものの、「生きる」に焦点を当てるのが終活の目的です。

終活1:エンディングノートを書く

(プロフィールや葬儀に関することなど)

終活2:お墓を決める

(お墓の種類はさまざまありますが、

立地や宗派、費用などもチェックしていきましょう)

終活3:遺言書を書く

(残された家族が揉めないように準備するもの)


まだまだ種類などたくさんありますので、

ブログにて書いていきたいと思います。


読んでいただきありがとうございました<(_ _)>


2018.03.15

花より・・・

こんばんわ、

永井です<(_ _)>

心地よい春の訪れを感じている今日この頃、、

ですが、寒暖の差があるので、まだまだ風邪をひかぬよう気がぬけません。

少し疲れたなと感じた時には、ニンニクを食べてパワーをつけております!

て、

花見【はなみ】

春の行事として一般化している、花見🌸

お花見シーズンには、

シートを敷いたりと席を設け、飲み食いをして歌い踊ってさわいだり(^^)/

賑やかにお花見が各地で行われておりますね(^^)/

これは、江戸時代に、江戸、京都、大阪などの大都市を中心に

発達した庶民の花見の継承なんだそうです!!


桜の花を観賞するために、野山にでて、飲食し遊ぶ行事

かつては、定められた節日があったそうで、

磯遊びなどと同様の意味をもっておこなわれたそうです。


桜 ソメイヨシノは、日本全国に広く見られる樹木

日本人の季節感を形成する重要な風物となっておりますね♪

可憐な美しさ、

豪快さは、

ソメイヨシノ にしかない良さであると

私は思います!


この風習は、欧米やアジアなどの国にも広がっているそうです!

イタリアのシチリア島にある世界遺産の都市アグリジェントでは、

同じサクラ属の花である アーモンド花祭 が開かれるそう👀

アーモンドという名前なんですね!(^^)!

花見団子

花より団子といわれているくらい、

花見には 団子がつきものといわれております。

「花見団子」ともいい、庶民の花見の供として江戸時代から定番となっており、

色(薄い赤色)・色・白色などの色で華やかな色彩を付ける

~この3色の組み合わせ~

  春の息吹 (桜を表す)

白色  雪    (冬の名残)

  ヨモギ  (夏への予兆)

これらを表現しているのだそう!

ことわざの 「花より団子」

由来は、花見団子

花の観賞という審美的な行為よりも、団子という実質を選ぶ行動を


を感じていきたいなと思います

おすすめのお花見スポット

是非教えていただきたいものです(#^^#)

読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>









2018.02.21

~お盆とお彼岸の違い~

こんにちわ。

永井です<(_ _)>

お盆とは?

ご先祖様を供養する期間のことで

、先祖への感謝の念と現世の人々の安寧を祈ります。

ご先祖様があの世から私たちのところへ帰ってくるといわれており、

私たちはご先祖をお迎えし

、供養し、再びあの世へ送り出します。

お彼岸とは?

彼岸に近づけるように修行をする期間。



春彼岸(3月)

入り  18日(日)

   19日(月)

   20日(火)

春分 21日(水)

   22日(木)

   23日(金)

明け  24日(土)

※3月21日が 春分の日(お中日)です

●彼岸は春分の日・秋分の日を中日(ちゅうにち)として、

前後の3日間を合わせた7日間

●彼岸に行なう仏事(ぶつじ=法要、法事)を 

彼岸会(ひがんえ)といいそうです!

お供え物には、牡丹(ぼたん)の花にちなんで牡丹餅(ぼたもち)をお供えし

家族みんなで、ご先祖様の供養が出来るといいですね!

日本の風習って、花にたとえたりするところが、

素敵だなあと感じます(#^^#)

洒落ておりますよね♪


読んでいただきまして、ありがとうございます<(_ _)>