ブログ

ブログ一覧

2018.06.12

お布施とは?

 

こんばんわ。 永井です。

更新が遅れてしまいました。。

今回は、お布施の意味

【お布施:おふせ】って?

お布施とは、

僧侶への、読経や戒名をいただいた謝礼として金品を渡すこと

【渡し方】

お渡しをする際には、お盆に乗せる形が好ましいですね!

金額は?とお聞きされることがあります。

お布施は気持ちでお渡しするものでありまして、決まった金額というのはありません。

お寺ごとに考え方の違いもあるようですので、

よく分からないという場合には、

お坊さんに直接お伺いすることがよいですね!

直接、聞くことは失礼なことではないですよ!

「お布施はいくらですか?」という尋ね方ではなく、

「皆さんどのくらいされていますか?」と聞くことの方が、

答えやすいおっしゃるお坊さんもいます!

読んでいただきありがとうございました<(_ _)>

2018.04.16

終活

 

こんにちわ、

葬祭センター 永井 です。

桜が満開間近となってきましたね!!

春がきたなと感じるこの頃、、


終活ガイド検定の案内をみまして、

終活とはなんだろう?と思い調べてみることにしました。

「終活~しゅうかつ~」とは、、、

人生をキレイに締めくくるか、それに向けて活動をすることだそうです。

一昔前には、終活という言葉はありませんでしたが、

自分のお葬式の為に、ある程度の年代になったら写真館へ行き、

葬儀の時に飾る写真を撮影して用意する方がいました。

終活

「終」という字を使うものの、「生きる」に焦点を当てるのが終活の目的です。

終活1:エンディングノートを書く

(プロフィールや葬儀に関することなど)

終活2:お墓を決める

(お墓の種類はさまざまありますが、

立地や宗派、費用などもチェックしていきましょう)

終活3:遺言書を書く

(残された家族が揉めないように準備するもの)


まだまだ種類などたくさんありますので、

ブログにて書いていきたいと思います。


読んでいただきありがとうございました<(_ _)>


2018.03.15

花より・・・

こんばんわ、

永井です<(_ _)>

心地よい春の訪れを感じている今日この頃、、

ですが、寒暖の差があるので、まだまだ風邪をひかぬよう気がぬけません。

少し疲れたなと感じた時には、ニンニクを食べてパワーをつけております!

て、

花見【はなみ】

春の行事として一般化している、花見🌸

お花見シーズンには、

シートを敷いたりと席を設け、飲み食いをして歌い踊ってさわいだり(^^)/

賑やかにお花見が各地で行われておりますね(^^)/

これは、江戸時代に、江戸、京都、大阪などの大都市を中心に

発達した庶民の花見の継承なんだそうです!!


桜の花を観賞するために、野山にでて、飲食し遊ぶ行事

かつては、定められた節日があったそうで、

磯遊びなどと同様の意味をもっておこなわれたそうです。


桜 ソメイヨシノは、日本全国に広く見られる樹木

日本人の季節感を形成する重要な風物となっておりますね♪

可憐な美しさ、

豪快さは、

ソメイヨシノ にしかない良さであると

私は思います!


この風習は、欧米やアジアなどの国にも広がっているそうです!

イタリアのシチリア島にある世界遺産の都市アグリジェントでは、

同じサクラ属の花である アーモンド花祭 が開かれるそう👀

アーモンドという名前なんですね!(^^)!

花見団子

花より団子といわれているくらい、

花見には 団子がつきものといわれております。

「花見団子」ともいい、庶民の花見の供として江戸時代から定番となっており、

色(薄い赤色)・色・白色などの色で華やかな色彩を付ける

~この3色の組み合わせ~

  春の息吹 (桜を表す)

白色  雪    (冬の名残)

  ヨモギ  (夏への予兆)

これらを表現しているのだそう!

ことわざの 「花より団子」

由来は、花見団子

花の観賞という審美的な行為よりも、団子という実質を選ぶ行動を


を感じていきたいなと思います

おすすめのお花見スポット

是非教えていただきたいものです(#^^#)

読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>









2018.02.21

~お盆とお彼岸の違い~

こんにちわ。

永井です<(_ _)>

お盆とは?

ご先祖様を供養する期間のことで

、先祖への感謝の念と現世の人々の安寧を祈ります。

ご先祖様があの世から私たちのところへ帰ってくるといわれており、

私たちはご先祖をお迎えし

、供養し、再びあの世へ送り出します。

お彼岸とは?

彼岸に近づけるように修行をする期間。



春彼岸(3月)

入り  18日(日)

   19日(月)

   20日(火)

春分 21日(水)

   22日(木)

   23日(金)

明け  24日(土)

※3月21日が 春分の日(お中日)です

●彼岸は春分の日・秋分の日を中日(ちゅうにち)として、

前後の3日間を合わせた7日間

●彼岸に行なう仏事(ぶつじ=法要、法事)を 

彼岸会(ひがんえ)といいそうです!

お供え物には、牡丹(ぼたん)の花にちなんで牡丹餅(ぼたもち)をお供えし

家族みんなで、ご先祖様の供養が出来るといいですね!

日本の風習って、花にたとえたりするところが、

素敵だなあと感じます(#^^#)

洒落ておりますよね♪


読んでいただきまして、ありがとうございます<(_ _)>





2018.02.15

ひなまつり

こんにちわ、永井です。

本日は、~ひなまつり 🍑について~

桃の節句

桃の字が、木へんに「兆」と書くように、

物事や生命の兆しを意味していたため、

死などの悪い邪気を払う神聖なものとして用いられ、

生命を宿す女性の意味

旧暦の3月3日は桃の花期にあたるため、

桃を用いて行事をおこなうようになり、「桃の節句」と呼ばれるようになったそう!

~桃太郎との関係もあるようですよ!!

邪気の象徴として鬼とされており

桃には鬼を退治する力もあると考えられてきたようでした!

桃は女性の象徴でもあるとのことで、

これらの思想ベースで、

桃から生まれた桃太郎が鬼退治をする民話が誕生したようです。

それで節分には鬼を払うんですね!

ひな人形

よく、すぐに片づけないとお嫁にいけない!!なんていわれておりますよね

節句が終わったらすぐにひな人形を片付けないとお嫁に行くのが遅れるという俗説がありますが、

地域によっては旧暦(4月上旬)に行うところもあり、全く根拠のない言い伝えです。

とはいえ、、、いつまでも飾っていると季節感がなくなりますし、

お客様がいらした時に、だらしないという印象を持たれてしまうことにもなりますので、

そのへんはちょっと気を配りたいところですね!!

「きちんと片付けなさい」という教えかもしれませんね

桃の節句の過ごし方・お祝いの仕方

 ・ひな人形を飾る

 ・桃の花を生ける

 ・ちらし寿司、ハマグリのお吸い物、

  ハマグリは女の子の美徳貞節を意味するそうです!

 ・白酒、ひなあられ、菱餅をいただく、  

  ・初節句の場合は、、両家の祖父母を招いてお祝いをする

 ※お祝いの仕方は、地域によって違いはあるかと思われますが、、

 楽しく過ごしていければいいですね♪♪

読んでいただきありがとうございました<(_ _)>





2018.01.10

お気をつけて

こんにちは、永井です。

寒さが凍みるこの時期ですね※


風邪が流行する季節になりました。

風邪は万病の元、 

いったんかかると、やっかいですよね、、

予防が大事!!!

冬は室内の空気が汚れがちです。

換気をし、乾燥しすぎないように

加湿器を使うのもいいですね。

事務所内に、加湿器を設置しておりまして、

のどが乾燥してきたかな?と感じ、

ふと加湿器を見てみると、

電源が入っておらず、

加湿器の電源が入っている時は、

乾燥を感じることがないくらい、

加湿器のパワーを感じるこの頃です。

外出から帰ったあとはまず、

手洗いとうがいを励行しましょう!

外出時のマスクの着用は、

のどの乾燥を防いで、

風邪にかかりにくくするそうです!

緑茶でのうがいも良いとききますね♪

ビタミンCがたくさん含まれており

風邪対策に効果がありますね!

それから、

カテキン

抗菌・効ウィルス効果があるそうです✨

口の中に含み、飲み下ろすだけで、

ノドの奥まで洗浄が出来るそうですよ!(^^)!

なかなかノドの奥までうがいをするのは

簡単なことではないような気がします


もしも、風邪をひいてしまった場合には、

十分に睡眠をとり

それから、

栄養バランスのいい食事をとり

そして、

身体を冷やさないよう温めましょう!


これから、いろんなジャンルの豆知識をあげていきたいなと思っております。

読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>





2017.12.19

優しさ

んばんわ、永井です。

今日は一段と冷え込みますね、

担当をさせていただく中で、

お別れの瞬間も様々とあります。


にぎやかな雰囲気の中のお別れ、想い出の話がたえないような、、

時には、

今回のような

静かに別れを惜しむお別れ


担当をさせていただいている中で、お別れに立ち会ってきましたが、

私どもが大事にしなければいけないことがあると思います


それは、ご遺族の気持ちを一番に大切にした言葉を選び、声をかけること


ただただ見守ること


「見守る優しさ、

 声をかけない優しさ」があること


葬儀担当者として心に刻んでおかなければならないことだと思います


2017.11.12

人形供養祭☆彡

こんばんわ、永井です。

本日、8ホール同時開催でおこなわれました

人形

おかげさまをもちまして、無事に終了をいたしました。

天童ホールには 146名(92組)の沢山の方にお越しいただき、嬉しく思っております

1,089体の人形さん達が集まりました( ..)φ

皆様からおあづかりいたしました、

お人形さん・ぬいぐるみ達は

大切におあずかりさせていただきます<(_ _)>

あつまりました供養料は、

天童市の社会福祉施設に全額寄付させていただきます。

毎年、秋ごろ年に1回開催させていただいております。

来年の開催が決定いたしましたら、

DMなどお知らせをさせていただきますね

読んでいただき、ありがとうございましたm(__)m

2017.09.10

〻おはぎ〻

  こんにちわ永井です。

 お彼岸に

 〻手作りおはぎ〻 をぜひいかがでしょうか

 ※簡単に出来るレシピを見つけましたので

  ご紹介をさせていただきますね!

 ~おはぎの作り方~

 (材料は4~5人前

 【材料】

 ・もち米        1.5合

 ・水          1.5合よりやや少ないくらい

 ・砂糖         小さじ1

 ・粒あん(やや固めのもの) 500g

 『準備する用具』

 ・すりこぎ棒 (もち米をつぶす時に使用)

 ・ラップ   (包む時に使用)

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 ①もち米は洗って1時間位水に浸しておく

  炊飯釜に入れて、白米の1.5合の目盛より少なく水を入れて 炊飯!

 ②炊き上がったら→蒸らして(5分以上)→ふたをあける→

  砂糖を入れる→さっくり混ぜる→すりこぎ棒で軽くつく(半つぶし) 

 ③もち米を丸める(5cm位)

 ④ラップをひく→アンコを伸ばす(円状)→中央にもち米を置く→包む

 ⑤形を整えて 出来上がり♪

 ご参考になれば幸いでございます。

 閲覧いただきましてありがとうございました<(_ _)>

2017.09.10

お供え

 必要なもの ご紹介させていただきますね!

 ♢お墓参り♢

 ・お線香

 ・数珠

 ・マッチ(ライター)

 ・ロウソク

 ・お供物(お菓子や果物、故人の好きだったもの)

 ・仏花(菊中心をおすすめいたします)※

 ※相応しくないもの→薔薇のようにトゲがある花・香りの強すぎる花

 ですが、、、 あくまでも一般論でございます。

 食べ物と同じように故人が好きだった花 を供えてあげるのが一番です!

 ♢お供え物♢ 

 仏壇をお掃除し、

 ・お花

 ・お団子

 ・おはぎ

 春には「ぼたもち」

 ぼたもちは、春の 牡丹の季節

 おはぎは、秋の 萩の季節 に食べるということから由来しているそうです!

 ぼたもちとおはぎは同じものですが、呼び方が違うのですね( ゚Д゚)

 ♢お寺へのお供え物♢

 お寺や地域によってちがうこともあります。

 事前に下調べをしておくのも大事ですね。

 (比較的日持ちのするお菓子)

 ・焼き菓子(おせんべい・クッキー)

 ・おまんじゅう・どら焼き  など

 墓前に供える時は、お菓子や果物は直接で置くのではなくて、

 二つ折りにした半紙の上に置くようにしましょう。

  

ページの先頭へ